かきがら掌編帖

数分で読み切れる和風ファンタジー*と、読書・心理・生活雑記のブログです。

オリジナルマジック(創作掌編)

 

 クロースアップマジックと出合ったことは、人生最大の驚きと喜びだった。

 至近距離で繰り広げられる、カードやコイン、ロープ、リングのテーブルマジックに魅了され、そのマジシャンがオーナーをしているマジックショップに通いつめたものだ。

 そして、幸運にも、私はプロのマジシャンになることができた。

 

 三十数年が経ち、今度は私のほうが、マジックバーにやってくる初心者たちの質問に答えている。

 なかでも特に熱心なのは、西山君という学生だ。

 その繊細で美しい手からは想像もつかないほど不器用で、技術を身につけるためには、人一倍の努力が必須となるだろうが、なんといっても彼にはひたむきな情熱があった。

 ただ単純に「好きだ」と思える気持ちは最強であり、労苦すら楽しみに変えてしまう。

 私は時間の許すかぎり、彼の練習に付き合い、成長を見守っていた。

 

「必要な技術を習得するまで、たとえ十年でも二十年でも、先生に付いていきます」

 と、西山君は真顔で言う。

 私にとって彼は弟子というより、スタートの時期が違うだけの仲間であって、同じ道を歩み、高みを目指す同志なのだ。「先生」と呼ばれることは不本意だったが、こればかりは何度言っても聞き入れてもらえなかった。

 

 時間は充分にあると思っていた。

 西山君は、いずれ郷里へ帰って家業を継ぐことが決まっていたものの、それはまだずっと先の話だったからだ。

 しかし、人生は何が起こるかわからない。

 毎日のように通ってきていた西山君が、数日間姿を見せず、めずらしいことだと思っていたところに、突然、電話がかかってきた。

「先生、父が狭心症で緊急手術を受けました。手術は無事成功して、経過も順調ですが、今まで通り仕事を続けるのは難しそうです」

 落ち着いて説明する声に、失望が隠れていた。

 

 

 ひと月ほど経ったある日、西山君が別れの挨拶にやってきた。

 大学を中退し、帰郷する決意をしたという。

「さいごに、僕のマジックを見てください」

 少しこわばった笑顔で言った。

 

 新しいトランプの封を切り、まず2枚のジョーカーを抜き出して、脇へ置く。

 残りのカードをシャッフルしてから、伏せたままテーブルの上に、弧状のリボンスプレッドで広げた。

「1枚、選んでください。そして、そのカードにサインをしてください」

 私が引いたのは、ハートの5。

 サインペンで大きく名前を書いてから、元に戻す。

 西山君は、再びカードを切り混ぜたあと、初めに取り出しておいた2枚のジョーカーを表向きのまま、いちばん上と下にセットした。

 片手でカードの束を持ち、ひと振りすると、ほとんどのカードが、軽やかな音をたててテーブルの上に振り落とされる。

  ジョーカー2枚に挟まれて、ただ1枚残ったカード、それは、私が先ほどサインしたハートの5だった。

 

 有名なサンドイッチ・カードというマジックの、シンプルなバージョンだ。

 けれど、西山君は独自のバリエーションを加えていた。

 ハートの5に、小さなメッセージカードが貼りついていたのだ。

これまでほんとうに

ありがとうございます

先生と出会えたこと

それは僕にとって

最高のマジックです 

 手にしたメッセージのひと文字ひと文字から、真情が伝わってきて、涙を禁じえなかった。

 

「先生がサインしてくださったカード、記念にいただいてもいいですか?」

 私はうなずき、メッセージを丁寧にはがしてから、サインカードを渡した。

 悲しみをこらえるようにうつむいて、受け取ったカードに視線を落とした彼の目が、大きく見開かれる。

 そこに書いてあるのは──、

「Be natural, Be yourself」

(自然であれ、君自身であれ)

偉大なマジシャン、ダイ・バーノン氏の言葉だ。

西山君

私はいつでも、君の幸福と健闘を祈っている。

 

「いつのまに……?」

 つぶやく西山君の頬に、ゆっくりと赤みがさし、口元には笑みが浮かんだ。

 

 マジックは、驚きと喜びをもたらすのだ。