かきがら掌編帖

数分で読み切れる和風ファンタジー*と、読書・心理・生活雑記のブログです。

ハヤさんの昔語り~神隠し~(創作掌編)

 

 在宅の仕事が一段落つくと、近所の珈琲店に出かけるのが、私の楽しみのひとつだった。なるべく空いてそうな時間帯を選んで行くことに決めている。

 店主のハヤさんは、親しくなると面白い話を聞かせてくれるようになった。

 何と言っても彼は、自分の前世を思い出すことができるのだ。

 

 世間には、輪廻転生してきた数多くの過去世を覚えている、という人も存在するらしい。

 もちろん、私自身はまったく覚えていないし、ハヤさんが思い出せるのも、江戸から明治の時代を生きた「寸一」という人物のことだけだった。

 寸一は寺に寄宿していた行者で、村の人びとが何かにつけ頼ってくるほど、不思議な力を持っていたようだ。

「私が子供のころ」とか、「学生だったころ」と言うように、ハヤさんはいつも、

「私が寸一だったころ……」

 と前置きして、話し始めた。

 

   △ ▲ △ ▲ △

 

 村で一度に三人もの神隠しがあった。

 神隠しにあうのは若い娘が多いという。しかし、そのときは、年寄り、若者、子供の三人だった。親族が手分けして捜しまわったすえ、助けを求めて寺にやってきたのだ。

 いなくなった三人は同じ村の者だったから、互いの顔くらいは見知っていたかもしれないが、連れ立ってどこかへ出掛けるような間柄ではなかった。

 心配する村人たちの相手を住職にまかせ、寸一は表へ出ると、速い足どりで歩き始めた。


 思い当たる節がある。

(そういえば昨夜、雨ノ森のキツネが、なにやら浮かれ騒いでいたな)

 雨ノ森は村はずれの細長い森で、昔から妖術に長けたキツネの一族が棲みついている場所だ。

 もう何年も前のことになるが、寸一はキツネの長老と話し合い、村人を化かさぬよう約束させた。

 取り決めはきちんと守られている。

 その礼という意味合いもあり、時折、団子と酒を雨ノ森に持参して、キツネたちを相手に宴を開く。

(たしか長老は、近々、遠縁の一族に婚礼があると言っていた。婚礼は満月の夜と決まっている。とすると、主だったキツネたちはみな、招かれて出かけたはず)

 寸一は、中天に懸かる月を見上げた。

 

 雨ノ森に着くと、歩をゆるめて静かに歩きまわった。

 ふと目の端に、森へ入る小道を見つけ、立ち止まる。多くの人々が長い時をかけて踏み固めた、いかにも歩きやすそうな道だ。

 目立つ道ではない。とはいえ、ついこのあいだまで、こんな道がなかったことは確かだ。
 丹田に力を込めて見据えると、やはり正体はただの獣道。

(ふん、なかなか力量のあるヤツらの仕業だ)

 思わず、頬に笑いが浮かんだ。

 

 寸一は道に踏み込んだ。

 月明かりが木漏れ日と見紛うほどきらきらと差し、樹には見たこともない珍しい花が咲いている。あちらの枝にも、その先の枝にも──、誘うように咲く花々をたどっていくと、やがて見えてきたのは草庵風の茶室だった。

 すべて目くらましの幻なのだ。

(これは、たいしたものだなぁ)

 おそらく、婚礼に招かれた長老や重鎮から留守を任された、若いキツネたちの悪戯だろう。うるさ方の居ぬ間にと、幻術の腕比べでもしたのではあるまいか。

 それ以上の悪さをしかける気はなかったようだ。隠れてようすを伺っている気配もない。

 茶室の中からは、楽しげな話し声が聞こえてくる。

 見ると、行方知れずとなっていた三人が、目をかがやかせて話に興じていた。

 

   △ ▲ △ ▲ △

 

「結局どういうことだったの?」

 私はハヤさんに尋ねた。

「3人とも注意深く、好奇心の強い人たちでした。それぞれ前後して、小道に足を踏み入れ、風雅な茶室に感心しているうち、自然と落ち合うかたちで一緒になったのです。その後は、話に花が咲き、時を忘れてしゃべっていたそうです。障子の外には、ずっと午後の日が差しているように見えたとか」

「どんな話をしていたのだろう、何時間も」

「天狗や河童、雪女、火の玉、生まれ変わりに臨死体験──、もともと不思議な話が大好きだったそうです。それでいて、迷信深いところはなく、賢い人たちでした。ひょっとしたら、キツネに化かされていると承知の上で、わざわざあの道に迷いこんだのかもしれません」

 

 私は本で読んだ「マヨイガ」の話を思い出した。

 山奥に忽然と現われる立派な屋敷。偶然行き当たった人は、宝物を持ち帰ることが許されるのだという。

「でも、屋敷ではなくて茶室だし、キツネの仕業だったのだから、マヨイガとは別物でしょうね」

 と言うと、ハヤさんは少し考えてから答えた。

「そもそも、若いキツネたちが、あれほど雅やかな茶室を知っていることが訝しい。小道はともかく茶室には、また別の不思議な力がはたらいていたとも考えられます。神隠しにあった3人は、年齢も家柄も違っていて、普通だったら一生親しく話をする機会などない人たちでした。それがあの森で、お互いを見つけたわけだから……」

「心の友、マヨイガから持って帰った宝と言えなくもない?」

「そうだったのかもしれないですね。持ち帰る宝がすべて、物とは限りませんから」

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村