かきがら掌編帖

10年あまり通っていた童話教室で「宿題」として書いたものに加筆修正して載せています。

そよ風に乗って

 夏風邪が長びいたせいで、礼美はもう5日も学校を休んでいます。

 

 最初の2日間は、お母さんがつきっきりで看病してくれたし、おととい、昨日はバトンタッチしたお祖母ちゃんに甘やかされて、小さな子どもに戻った気分でした。

 けれど今日は、朝からひとりで留守番。礼美は退屈していました。

 

 息をしているだけでも苦しかった病状はおさまって、昨日までなら、いくらでも眠れたのが、今朝は横になったまま時間を持てあましているのです。

 まだ力の入りきらない体を起こして、リビングルームへ移りました。

 

 大きな掃き出し窓から入ってくる日差しは、カーテン越しでもまぶしいほどです。

 それなのに礼美の心は、なんとなくしずんでいました。

(こんなに休んでしまったあとで学校へ行くの、気が重いなぁ)

 窓から顔をそむけると、キッチンカウンターに置かれた見慣れない小瓶が目にとまりました。

 

 レトロなインク瓶のような見た目だけれど、持ちあげると軽く、プラスチック容器だとわかります。

 ラベルを読んで思い出しました。

     魔女のシャボン玉

     当たり付き!

 昨日、お祖母ちゃんが帰りぎわに、

「これ特注品なのよ。明日はひとりでつまらないでしょうから――」

 と、置いていってくれたのです。

 

(好奇心いっぱいなお祖母ちゃんのおみやげだから、ふつうのシャボン玉じゃないだろうけど、「当たり付き」って?)

 首をかしげながら、それでもすっかり遊ぶ気になって、礼美は窓ぎわまで椅子を運びました。

 

 大きく開けた窓から、光と風が入ってきます。

 ストローを吹くと、シャボン玉がひとつ、またひとつと、きらめきながら空に飛びたっていきました。シャボン玉遊びにちょうどいい日です。

 ゆっくりと吹いて大きなシャボン玉にしてみたり、吹き方をかげんして小さな玉をたくさんつくったりしていると、時間がたつのを忘れるほどでした。

 

(あれっ、このシャボン玉、なんとなく今までとちがう?)

 すいこまれていくような不思議な感じがして、礼美は身をのりだすように体をかたむけながら、フッと息を吹きこみました。

 耳もとで風が鳴っています。

 気がついたときには、空に浮かんでいました。まるくて、透きとおっていて、とても自由です。

 うしろをふりむくと、窓辺で椅子の背にもたれて眠っている、自分のすがたが見えました。

 

(これが当たり!のシャボン玉なんだぁ

 謎がとけたのがうれしくて、いつもの心配性は引っこんでしまいました。風をつかまえるように乗って、高く飛んでいきます。

 

 大きな空の下に広がる町は、生まれたてのようにかがやいていました。公園の木々の緑や、花の色が、はっとするほどあざやかです。建ちならぶ家の屋根は、まるで、読んでいる途中でふせた本のようでした。

 

 にぎやかな商店街を越えると、小学校の校舎が見えてきました。ちょうどお昼休みの時間です。礼美は校庭の上空を横切って、自分の教室の窓を目ざしました。

(クラスのみんな、どうしてるかな?) 

 カーテンのわきにふわりと止まり、なかをのぞきこみました。

 教室のうしろのほうで、何人か集まってしゃべっています。礼美と仲のいい、さくらちゃんやヒロキくんのすがたも見えました。みんなの楽しそうな輪のなかに、自分の居場所はもうなくなっている気がして、礼美は少しさびしくなりました。

(こなければよかった)

 光をはじいてきらめいていたシャボン玉は、飛ぶ力をなくして、ただようように落ちていきます。

 

 その時、だれかが言いました。

「礼美ちゃん、早くよくなるといいね」

「そうだね」

「今日また、おみまいにいこうよ」

「うん」

 

 うれしさで胸がいっぱいになったいきおいで、シャボン玉は、はじけて消えました。

 

 礼美は、リビングルームの窓ぎわで目をさましました。

(あの声は、さくらちゃんだったわ。それから「うん」って答えてたのはヒロキくん)

 ほほえみながら手もとを見ると、シャボン玉の小瓶は空っぽになっていました。

 

 さいごのさいごに、当たり!が出たようです。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村